径約13,6cm 高さ約3,5㎝
1730~50年代

黄緑色を多用した変わった模様の古伊万里です。
染付は罫線と図柄を区切る窓枠と
見込みの太湖石とバッタくんのみ。
太鼓石にバッタの図は、古染写しですね。

向かい合う窓枠の中には変わった衣装の人物が
何かを持って立っています。

鼻が高く、小さな帽子をかぶり
明らかのにズボンを穿いています。
蝋燭を持った修道士でしょうか。

もう一対の窓枠の中には
繊細なタッチで、不思議な植物が描かれています。

素敵な図柄です。

裏も
羽根のような唐草は赤絵で描かれ
ポイントの花だけが染付です。
裏銘は「成化年製」

5枚とも縁にキズが1~3つあり
ヘタな直しがしてあります。
一枚にはトリアシがあります。

面白いお品です。

1700年代前半特有の
鋭角にきりっと立ち上がった高台。
畳付きから1mm程だけ
ピシ―っとはがされた釉薬。
惚れ惚れする造形です。

一枚は染付のアガりが悪く
一枚は大きなあばたがあります。

古九谷青手と同じ手法で、
窯キズに色を載せてごまかしてあるのも
おもしろいんです。
可愛げたっぷりの器です。

¥18,000 /5p
消費税・送料別
お問合せは→こちらをクリック