紙本着色
本紙 / 102 ×29,3㎝
軸装 / 184,5 ×31,5㎝

岸連山
1804(文化元)~1859(安政6)
岸駒、岸良の弟子で第三代岸派を継承した幕末の絵師。
京都の人

やんちゃな子供のように
とてもかわいく、
狂暴な顔の張子の虎。

師匠の岸駒さんは虎の絵師として有名ですね。
連山は、同じ虎でも
瀟洒です。

さすがは、京都御所の障壁画を描くほどの絵師、
紙本乍ら
素敵な竹屋町が上下一文字に使われ
中廻しは無地の絹と
センスの良い表具が施されています。

紙本には折れがあります。
紙本と中廻しには僅かな汚れがあります。
真筆保証・時代箱付

《お買い上げありがとうございます》