紙本墨画

本紙 125,5 ×42㎝
軸装 184 ×48,5㎝

韓天壽
享保12年(1727)~寛政7年(1795)
書家
字/大年
号/三岳道者・酔晋斎

池大雅、高芙蓉と親しく交わり
三人で、白山・立山・富士山の三霊山を旅し
以降三人とも《三岳道者》と号した。
三人が真に友人であったことがわかりますね。

韓天壽さんは、
もちろん池大雅さんから画を学んでいます。
皴法や点苔、スパッと平らな地面など
大雅さんの筆法の影響がはっきりと現れています。

大雅さんよりも
描きたい意思がむき出しで、力強い。

真っ黒な良い墨を使っています。

董其昌や王義之などの書法を学び研究した韓天壽さんは
明末清初の山水画も学んだのでしょう。
中国絵画の影響が顕著な山水画です。
私には倪元路が感じられます。

本紙に折れや傷みがございます。

真筆保証
時代箱付

価格はお問合せください

こちらをクリック