高さ30㎝
一番膨らんでいる胴部 約15,5㎝ 底径 約11,5㎝
朝鮮時代

まん丸な肩の張りがかわいいフォルムの梅瓶。
口がすっかり失われて、粗野な修復がなされています。

黒と白の二色で象嵌された連弁文
白土象嵌の輪線の下に
プリミティブな線彫りの柳。

裾部分には、鎬いで形成された跡が残り
力強い。
あがりも良くなく
ちょっと刷毛目っぽさが感じられます。
味わい深い素朴な姿
存在感のある一品です。

箱無し

¥55,000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム