長径16㎝ ×短径14㎝
1640~50年代

下方右側には舟から釣り糸を垂れる人がいます。
後ろのとがった山や左側の奇妙な姿の松樹、奇岩は
中国明~清朝の絵画の特徴を写していますね。

上半分には色絵で描かれた瓢箪。
立派な紐が宝物感を演出しています。

瓢箪の地紋には陽刻で唐草が描き出されています。
生き生きとした唐草の表現に
技術の高さが顕現しています。

水平に立ち上げた二段縁の
シャープなフォルムが美しい。

裏は四方に桃模様。
初期色絵だけの裏吉祥文です。
裏の見込みは二重角福。

縁の上部左側に
8㎜×3㎜ほどの直しがございます。
他にも、縁にホツのように白い部分がみえますが
鉄釉がのっていないだけで
キズではありません。

柴田コレクションⅢ №98と同じ時に作られたお品と思われます。

箱無し

¥55,000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム