本紙 36,2 ×6㎝
軸装 146 ×34cm
紙本

高浜虚子
明治7(1874)~昭和34(1959)

「ふるさとの月のミゴトをよぎるのみ」

〈月〉以外の文字が仮名で書かれ
左右に動く文字の姿がのどかです。

子どもの頃に母と見た美しい月が胸に浮かぶよう。

お月様を思わせる優しい黄色の表具
民芸的な陶軸が
ぴったり合っています。
もし、読みが間違っていたら、ご指摘ください。

古文書解読スペシャリストの友人によると
「ミ古と」ではなく「ミ奈と(みなと)」が
正しい読みだそうです。

真筆保証
合わせ箱

¥38000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム