江戸時代~明治時代
口径18,3
膨らんでいる部分約22cm
底径17㎝
高さ10㎝(蓋は含まず)

美しいカットの施された硝子の器体
口縁に金属が巻かれています。

古い時代には刻印はありませんが
おそらく銀です。

堅く塗られた蓋がつけられています。
蓋の摘みの付け根の一方に
修理の跡がございます。

夏のお茶会が待ち遠しくなる一品。

パーティーで
ベビーシャンパンや小瓶の冷酒を冷やすクーラーにも素敵です。
合わせ箱付

《お買い上げありがとうございます》

向かって左の付け根に修復跡あり