江戸時代
22,4×24㎝ 高さ5,5㎝

方形・面取のある被蓋造。
蓋・身・懸子の縁には金粉を蒔き詰める。
身の中央に、赤銅鍍金の円形の水滴と
縁に金を蒔いた硯を嵌め込む。
左右に懸子を配す。

この中心に硯と水滴を、
左右に懸子を配するスタイルは
重要文化財、または各美術館所蔵の
室町時代の硯箱に多い古いスタイルです。

表面には非常に細かな梨地が施され
六弁の花弁の宝相華唐草が
金銀で生き生きと蒔絵されています。

内側も梨地。
懸子の厚さはたったの2㎜と
素晴らしい造作です。
赤銅鍍金の水滴・水滴受けも細かな細工が施され
格調高い出来。
もちろん使用可能です。

蓋の縁に一ヶ所幅8㎜~15㎜×10㎜のキズがあり
最高級品に施される布着せが見えています。
他にも、蓋の四隅は傷んでいます。
身の一辺は大きき傷み、修復された跡がございます。
仔細画像をよくご覧いただけますようお願い申し上げます。

ご使用や見た目には問題ございません。
時代のある、非常に良いお品です。

弊店のカメラは接写ができないため
キズ部分のさらに仔細画像をご覧になられたい場合は
お気軽にお問合せください。
▶お問合せフォーム
外箱無

¥65,000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム

蓋を開けたところ、蓋裏

身から、懸子・硯を外した画像

硯を嵌めた部分は一段高くなっています

出来の良い水滴と水滴受

身の一辺。修復部分内側画像

身の傷み部分、外側からの画像

上と同じ部分、側面画像。銀が滲んでいるのは、腐食によるもので、古い銀蒔絵特有の現象です

上と同じ部分。角からの画像

身の裏側画像。裏側まで梨地が施されています。経年による擦れがございます。

裏の拡大画像

蓋表角に、墨と思われる汚れがございます

蓋の傷み部分画像。側面

上と同じ部分。真下からの画像

蓋の角。傷み画像

懸子

硯嵌め込み部分。裏からの画像

経年による本銀の腐食