嘴から尾の先まで約7㎝
高さ約6㎝
1650年代か

初期伊万里から古九谷様式への時期の作品と思われます。
1660~70年代には
比較的たくさんの香合や蓋物作品が作られましたが
エッジの立った型で圧された成型、できの良さ、濃い瑠璃からみて
この作品はそれよりも早い時代でしょう。

胸の部分の細かな羽根
翼部分の長い羽根
尾の部分の更に長い羽根のそれぞれ違った造形が素晴らしい!
深くモールドされ、瑠璃の溜まらなかったエッヂが白く残り
一枚一枚の羽根が表現されています。
この時代の古伊万里特有の柔らかな肌や釉薬が
小鳥の羽根のふんわりした雰囲気をよく表わしています。
嘴の造形も見事です。

ピンと立った尾羽の姿の美しいこと!

箱には「瑠璃雀香合」とありますが
頬に白い文様がついていますし
長い尾羽を立てていることから
鶺鴒を模った香合かと思います。

鶺鴒は、日本書紀にも出てくる
日本人には縁の深い鳥。
香合のモチーフとして意味が深い。
ミュージアムピースと言ってよいでしょう。

所々に小さな傷
底には、貫通していませんがニュウがございます。
画像でご確認ください。
弊店のカメラには接写に限界がありますため
仔細画像をご希望の方は
お問合せフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
時代箱付き

値段はお問合せください
▶お問合せフォーム

開けたところ

裏側のニュウ

嘴に小キズ

縁にノミホツ

縁にヒビとホツ