口径 約6,5 ×6,3㎝
胴 約7,5㎝角
底 約6㎝角

明末~清初時代

銅器を写した染付祥瑞手の花入れ。
景徳鎮の民窯で焼かれたお品です。
日本の茶人によって注文されたと言われています。

頸部には
向かい合う二面が卍紗綾型模様
他の二面に別々の山水文人図
胴部は
向かい合った面に紗綾型文様と唐草模様が
脚部は
四面に同じ波と瑞雲模様が描かれます。

鮮やかなコバルトが真っ白な肌に映える
格調高いお品です。

確かに
茶花が良く映ります。

脚部の一面に6cmのキズがあり
表側の直しが取れています。
水が入るのは胴部までですので
全く漏れません。
口縁や面を繋ぐ角には虫喰いがございます。
画像でご確認ください。

合わせ箱付
≪ご売約ありがとうございます≫
消費税・送料別
お問合せフォーム

脚部にキズのある面

キズ部分表側

キズ部分内側

虫喰い部分

虫喰い部分

虫喰い部分

虫喰い部分

口縁部虫食い画像