径 約15,5㎝ 高さ 約6㎜
現代

錦雲軒稲葉は明治22年創業の京七宝店。
近年廃業された模様です。
明治近代工芸の華だった京七宝。
並河七宝など、世界中を魅了する素晴らしい工芸作品が作られました。
代表作品は清水三年坂美術館で拝見できます。

この作品は
5枚図替わりの銘々皿。

真ん中に
デザインの違う魚が描かれ、
魚からは水滴が放射状にほとばしっています。
周りに
唐草模様のアレンジされた青地の縁模様
黄色地に、まるで釣り針みたいな模様の縁模様が巻かれています。

魚は、絵本の挿絵のように
カラフルでコミカル。

ほんの少し退廃的な香りもします。

裏は真っ黒です。
暑い季節にキンキンに冷やして、
冷たいお菓子を乗せるのはどうでしょう。

共箱
¥38,000
消費税・送料別
▶お問合せフォーム

作者のサインかと思われます。