径 5㎝ 高さ 約4,5㎝
江戸時代中期

とても小さな棗。

よく見ると
紅葉の葉っぱの輪郭には
小さなギザギザが施され
植物を忠実に描いています。
これは
古い時代の蒔絵の特徴の一つです。
江戸中期としましたが
前期でもよいかもしれません。

金粉も
粉の質感がはっきりわかります。
これも、古い蒔絵の特徴です。

器体が
非常に薄く成型されています。

現代の棗では
蓋と身の重なり部分の厚みは1㎜ほどですが
このお品は
塗りも含めておよそ0,5㎜。
超絶な技巧です。

現代と違って、
蒔絵の棗を持てたのは
一部の特権階級の人だった時代の漆器。
格調高い極上のお品。
そこにあるだけで
お部屋の空気が変わります。

茶箱や茶籠にも。

蓋の合(合わせ目)部分に
傷みのある個所がございます。
仔細は画像をご確認くださいませ。

箱無し
《お買い上げありがとうございます》

葉の輪郭をご覧ください。また、金粉を蒔いた後、針で描き落として葉脈を現しています。針描きです。

 

現代ものではは1,5㎜ある蓋の厚みも、このお品はおよそ1㎜。

蓋の傷み部分