径 約8㎝
高さ 約23,2㎝

初代真葛香斎(四代宮川香斎)
1897(明治30)~1987(昭和62)

北大路魯山人が作陶を習ったことや、
真葛焼として茶道具の製作を始め
表千家十三代即中斎
裏千家十四代淡々斎
武者小路千家十三代有隣斎と
家元好みのお品を
数多く造られたことで知られる
京焼の陶芸家です。

この作品は
《オランダ写し》の安南写し。
洒落ています。

口縁内側に一本彫られた細い線
ぶっきらぼうに付けられた頸部の点点
キリっと形成された高台部分、
センスが良いですね。

付属の冊子には
「京都東山五条」
とあり
1964年(昭和39)年に転居する以前の作品とわかります。
底に「真葛」印銘あり。

共箱・冊子付
(箱蓋に墨と思われる汚れ他がございます)

¥50,000
消費税・送料別
お問合せフォーム

底上方に「真葛」の印銘

和紙に摺ってあります