径 約10㎝
高さ 約7,1㎝

楠部彌弌
明治30年(1897)~昭和59年(1984)

大正から昭和にかけて活躍した陶芸家。
京都の人。
1927年・1936年のパリ万博に作品を出品、受賞。
文展や日展の審査員を務め
昭和50年に京都市名誉市民、
昭和53年に文化勲章を受章しています。

この作品は少し小振りの茶碗。
口造りは薄いですが、底にいくほど厚く作られ
手取りが重く安定感があります。

僅かにくびれた腹からなだらかに広がり、
腰は鋭く張っています。
低く削り出した高台の残土を残したざっくりした造形、
艶やかな釉薬、
存在感の強い姿です。

内側には
たくさんの胡麻状の釉ハゲや,突起があり
ちょっと荒っぽいのも魅力的。

《お買い上げありがとうございます》

底画像。高台内左側に「彌弌」銘

内側。

共布

箱蓋表。