本紙 151,5 ×26,7㎝
軸装 202 ×37,5㎝
紙本

長尾雨山
(ながおうざん)
元治元年(1867)~昭和17年(1942)

明治・大正時代の漢学者・書家‣篆刻家・文化人。
名・甲
字・子生
号・雨山、石隠など

讃岐高松藩士の子として生まれ、
父親に漢学を学び、東京帝国大学文科大学古典講習科卒業。
東京美術学校の設立、
日本最古の美術研究雑誌「國華」創刊にも関わった人です。
上海に移住し、中国最初の中等教科書の編纂に従事し、
中華民国2年(1913)に、古典中国書画・金石学の研究学術団体「西泠印社」ができた時にも参加しています。
大正3年(1914)に帰国後は、京都に住んで、
中国の政治家や芸術家、
日本の学者・芸術家・政治家と広く交友。
中国の文化芸術を日本に紹介し交流する
非常に大きな功績を残しました。

書家・篆刻家・研究者・鑑定家として偉大なだけでなく、
呉昌碩・鄭孝胥・羅振玉ら
中国の文化人に厚く信頼され、愛された方です。
日本と中国の芸術文化、文化人、政治家の交流は、
雨山なくしてはありえなかったでしょう。

この作品は、
中国・唐時代の詩人・孟浩然の五言絶句「宿建徳江」
移舟泊煙渚
日暮客愁新
野曠天低樹
江清月近人

の最後の一行。

たっぷりの墨で、力強く書かれています。
「清澄」という言葉が、
ぴったりな文字の姿です。

数年前に、京都国立博物館に於いて、
この時代の中国の芸術家たちの作品展がありました。
その時に、雨山が中国を去る時に、
親しい中国人芸術家達の書いた惜別の巻物が展示されていました。

その長い事と
描かれた作品がどれも力の入った傑作揃いで、
いかに、雨山との惜別を皆が惜しんでいたかが伝わり、
胸を打たれました。

日本人と中国人が、こんなに親しい関係を作れた時代があったことを
作品は雄弁に物語っていました。

本紙に、シミ・折れがございますが、
鑑賞に差し障りはありません。
合わせ箱

¥180,000
消費税・送料別

《お問合せフォーム》
または、
お電話 075-541-5128(11:00~18:00)

関防印

折れのきつい部分。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA