口径 約 11,2㎝
高さ 約 7㎝
高台径 約 4,5㎝

近藤悠三
1902(明治35)~1985(昭和60)
京都生まれ。
京都市立陶磁器試験場付属伝習所で学んだあと
助手を務め、
その後富本憲吉に師事。
研究研鑽を積まれて
日本工芸会常任理事をなさったり
京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)学長をなさったり、
1977年(昭和52)人間国宝に。

この作品は
小振りの天目茶碗。

高台内左脇に
「悠」
の彫銘。

箱の蓋表書は
「天目茶碗」
「悠三」
年齢を重ねてからの
払いを太くした特徴的な書き方でなく

堅い筆致の真面目な
いかにも若い人の墨書きです。

湯を差すと
丸い底が深いグリーンに輝いて
とても美しい。
宇宙の奥深さ、とか
神秘的ななにかを感じる美しさです。

外側の釉薬の垂れ具合も良い感じ。

12歳から轆轤を学び、
研鑽を積みに積んだ方の造られる
お茶碗は本当に美しい姿です。

共箱付
箱・箱の蓋に汚れがございます。

値段はお問合せください
お問合せフォーム

 

 

この文字の姿は、富本憲吉さんに似ていますね。