本紙 128,5 ×51,8㎝
軸装 213 ×66,3㎝

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、
大人気アーティストです。

20才代の時にすでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に偽物が存在しています。
近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

右手の崖から突き出た地面に
「これでもか」と突出して長く伸びた一本松。
幹には代赭(朱色)が施され、強い存在感です。

松の周りを囲む木々は変な姿です。
葉っぱのない枝先が密に描かれ、
幹には毛が生えたよう。

対岸から
釣り人が舟でやってきます。

高い松樹の梢の向こうまで湖は続いて
遙かに薄い山並みを臨みます。
水がどこまで続いているか、
わからないほど遠い山並み。

見ていると、知らぬ間に
私たちは大雅の画世界に連れてゆかれ、
自然と、
穏やかで幸せな気持ちになっています。

一般的に、
大雅の描く木々は,
その種類によって、
それぞれの葉の特徴を細かに顕し
幹のラインは長く、
たっぷり水を含んだ潤った筆で描かれます。

この作品では、
珍しく、
一筆を出来る限り短く短く描きます。

松の周りの木々は、
もそもそで、
岩を描く皴はカサカサ。
おそらく冬の景色です。

この、もそもそカサカサが、
冬も、生き生きと緑の葉をたたえる主役の松の生命を際立たせ、

更には、
遙かな山並みの
潤った筆致を効果的に見せる、
大雅マジックです。

九霞樵□寫

「池橆名印」白文方印
「五日一山十日一水」朱文方印

合わせ箱
本紙に傷みや折れがございますが
鑑賞に差し障る程度ではございません。
画像でご確認ください。

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇