口径 約10,5㎝
高さ 約8㎝

八代白井半七
明治31年(1898)~昭和24年(1949)
日本料理の伝説的名店・吉兆の創業者・湯木貞三氏の依頼で
吉兆の器を作ったことでも知られています。
非常に上手い、乾山写しや仁清写しの作品を作った
八代白井半七。

この作品は、
高台内に鉄釉で「乾山」
と書かれた乾山写し。

琳派特有のおおらかな罌粟の絵。
ぱっと見は、乾山そのものです。

下膨れたフォルムと、
浮き出た桃色の斑点がとても可愛い。
掌に馴染む丸みです。

箱無し
¥100,000
消費税・送料別
◇お問合せフォーム◇

「乾山」銘と半七印