本紙 幅16,3 ×一番長い横の長さ45,2㎝ 扇面
軸装 102 ×57,5㎝
紙本墨画

池大雅

享保8年(1723)~安永5年(1776)

諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に偽物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。


本作品は、扇面状の紙に
たっぷりと水を含んだ潤った筆で、
柘榴の実を二つ描きます。

真ん中の柘榴は
墨の抜けた部分が割れ目です。

ぱっくりと割れ、赤い実の剝き出した柘榴は
グロテスクにも思える姿ですが、
大雅の描く柘榴にはそれがありません。

割れ目から見える粒粒の実は
皮部分より、更に水気の多い筆で
ダミダミと描かれ
大らかです。

大雅ならではの
見る者を優しい気持ちにする画世界。

大雅は、最初は絵を描いた扇を売ることで生計を立てようとしたんです。
扇面という変形画面を生かした画面構成は
大雅の得意技の一つ。
ここでは、
大きな柘榴を真ん中より少し左に配し、
右の少し小振りの実と
左の大き目の落款で
絶妙な空間のバランスです。

色は無いのに、
柘榴の深い赤色が
心に浮かぶのが不思議です。

たった二つ描かれた柘榴が
秋の深まる季節を室内に連れてきてくれます。

待合いにぴったりです。

畳んだ折れがないので、
扇を軸装したものではなく、
初めから絵画作品として描かれています。

本紙・軸装に僅かに傷みがございます。

霞樵
霞樵朱文連印

《お買い上げありがとうございます》