本紙 128 ×29㎝
軸装 200,5 ×41,8㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に偽物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

大輪の菊花。
長く細い茎ですが、筆に力があり、
不安定さはありません。

水をたっぷり含んだ筆で、
伸び伸びと描かれます。

長い裾を引いた着物姿の女性のようにも見えます。

大らかで大胆な筆致は
大雅が晩年に行き着いた画世界です。

削ぎ落し、削ぎ落し、
仔細を省くことで、
生命力、生命の美しさが印象として強く描き出されます。
菊という生物の
生きる喜びが画面に溢れます。

力を抜いて、ラフに描いたように見え、
花弁は確実に中心から始まっています。
素晴らしい画力。

右へ流れる茎により、
空いた左の空間に書かれた落款「九霞山樵写」。
小さな「九」、緩く大きな「霞」の文字は絵画的で、
画の一部と化していますね

大雅らしい、遊び心ある素晴らしい画面構成です。

賛は水谷雄琴(みずのやゆうきん)
備中生まれ、
大阪の易学者で、文化年間(1804~1818)に没しています。
大雅の幅広い分野の人々との交友が伺えます。

「霞樵」朱文連印
「前身相馬方九皐」朱文長方印。
晩年の作品と思われます。

本紙に折れ、僅かな汚れがございますが、
鑑賞に差し障る程度ではありません。

あと箱

《お買い上げありがとうございます》

池大雅 菊図

画賛部分 冷艶瀬秋菊清香 毫末偏堂中々高 臥夕自子学神仙 源君龍漫題

この部分の折れがきついです。

この部分の汚れが一番きついです。

箱表書

池大雅 菊図