上部長径 約25㎝ 上部短径 約15㎝
高さ 約18,5㎝
(釣り金具を含む、環は含まず)

八代中川浄益
文政13年(1830)~明治10年(1877)

千利休が、実際に使われていた銅の釣瓶を水指として使ったのが
この形の始まりだそうです。
中を見ると、
底には叩いた跡が残され、
本体が一枚の銅板を打ち出して成型されたことがわかります。
凄い技術です。

吊り下げ金具は、
元々は生活の道具だった姿を写して、
荒れた造形。
留め金具も無造作に付けられて
侘びた感じがカッコいいです。

底に
「浄益造 花押」
と彫銘有り。

塗り蓋には傷みがございます。
本体の留金具から下に、
垂れた跡がついています。

共箱
(汚れがあり、特に2側面にゴムが溶けて張り付いて取れなくなっています。)

¥250,000
消費税・送料別

◇お問合せフォーム◇

向かって左の蓋、手前側

左の蓋別角度

左の蓋裏

左の蓋別角度

左の蓋裏別角度

右の蓋裏

右の蓋裏

右の蓋裏

右の蓋裏

右の蓋裏

右の蓋裏

箱蓋表

ゴムの溶けたくっつき

左上ゴムの溶けたくっつき