径 約12㎝
高さ 約1,2㎝
1700~1730年代

20年以上古伊万里を扱っていますが
この文様は初めて見ました。
非常に丁寧に描かれた唐草に
二枚貝が散らして配されます。

色絵で細かな亀甲模様を描いた貝を中心に、
染付の上に金彩で七宝模様
同じく染付に金彩で青海波
朱暈し
薄朱
様々に、それはそれは丁寧に描かれた貝。

縁模様も、超絶な細筆で
丁寧に描かれています。

裏は三方に染付の松。
銘は「連碧奇珍」
珍しい銘です。

この時代の唐草は、
全く手抜きがありません。
ごく細筆で枠線を描き、線の中を塗り埋めしています。
生き生きとした唐草。
色のきれいな高価な呉須を使っていますね。

三枚の内一枚だけ、
小さな緑の巻貝が描かれます。
これは、
焼成時にてきた難を隠すために、
色絵の段階で、加筆した部分なんです。

1枚¥8,500《ご売約御礼》
消費税・送料別
全部で3枚
金彩に擦れがございます。仔細画像でご確認ください。

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

古伊万里貝唐草皿

A/ 金彩に剥げがございます

A裏

B/ 金彩に僅かに擦れがございます

B裏

C/ 金彩の僅かなスレと、真ん中辺りに僅かな変色部分がございます

C裏

歪みのない美しい器形です