本紙 115 ×30,3㎝
軸装 184 ×44,4㎝
絹本著色

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に偽物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

鯨のような形の巨岩が聳(そび)えます。
その麓には、画面の端から端まで迫り出した崖があり
庵がむすばれています。
一番手前、橋の上には二人の人物。
左の人物は左手を軽く上げ、
右の人物は振り返って手招いているようです。
「やぁ」
「待ちかねたよ、さあ早く」
庵の主人が、
訪ねてくれた友人を待ちかねて、
橋まで出迎えに来たんです。
これから二人で語らう楽しい時間の準備に、
庵の中では、僕童がお茶を沸かしています。

右手上方の巨岩は、
長い筆致で強く輪郭を描き、
短い皴がこれでもかと施された異様な姿です。
上方に霞がたなびき、
一部、岩が姿を消しているのも、一層異形。
庵の建つ崖の不安定な姿が、奇異さに追い打ちをかけます。
これらは、
見る者の心を激しく揺さぶり、
久しぶりに会える画中の二人の気持ちの高鳴りに共鳴します。
大雅の作り出した画世界の中に、
もう迷い込まされているのです。
画をみるだけで、画の中に入り込んでしまう。

岩肌を流れ落ちる瀧は、
川となって、一番手前の橋の下を
こちらに向かって流れます。
見る者の中に、流れ込んできます。

背景の異業と対照的に、
庵を囲む樹々や草は、葉を繁らせ健全です。
透明感のある緑が、作品全体を明るく支配しています。

霞樵
「霞樵」朱文連印
「前身相馬方九皐」朱文長方印

画家で大雅の研究家だった、人見少華(1887~1968)の
題字・極書付二重箱付

画絹に修復跡が多数ございますが、
鑑賞には全く影響ありません。
仔細画像でご確認ください。

¥1,200,000
消費税別・送料込

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

 

落款部分

「やあ」「早く早く!」

軸先

上部、画絹の傷み修復跡仔細

画絹の傷み部分

傷み修復跡

傷み修復跡

下部傷み修復跡

傷み修復跡

内箱蓋裏

箱画像

池大雅筆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA