本紙 127,2 ×27㎝
軸装 200 ×39,5㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に偽物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

たっぷりと水を含んだ潤った筆で描かれた景色。

まず目が行くのは、
真っ黒な墨で、太く一筆に描かれた樹々の幹の輪郭。
こんなに葉が繁っていたら、
実際には見えるはずのない樹の芯部です。
しかし、この強い線によって、
見る者は、
樹々の生命力の強さに直に触れざるを得ません。

画中に描かれる樹々は、
それぞれ違う形の葉で描かれています。
よく見ると、
全ての葉っぱは一枚一枚丁寧に描かれています。
一枚たりともおざなりではない。
多種多様な樹々がそれぞれ生き生きと存在する自然への、大雅の敬愛と感動が、
描き方から強く伝わります。

崖に開けた台地の庵は、線だけで白く描かれます。
いかにも現実離れした効果。

手前の道は一度画面から外れ、
庵のある台地につながっているのだろうと想像が膨らみます。

道を行く、従者を伴った高士は、
庵の友人に目をやっています。
こんなに小さく描かれても、視線がはっきりとわかります。
この画の中に物語はあります。

画面右側に細く高く聳(そび)える岩山の不安定な姿は、
見る者の危機感を刺激し、
臨場感がいや増します。

対照的に
画面の左には、小さな舟人と、薄墨ののどかな遠山。
遠い遠いまん中の山の黒さと
のどかさとが、
画に良いバランスを与えています。

印章と太い筆跡による大胆な描きようから
40代後半の作品と考えます。

九霞山樵

「山岳道者」白文方印
「池橆名印」白文方印
「前身相馬方九皐」朱文長方遊印

二重箱付

本紙に修復跡が多数ございますが、
鑑賞には問題ありません。
仔細画像でご確認ください。

¥500,000《ご売約ありがとうございます》
消費税別・送料込

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

自賛部磁と印章

軸先

傷み汚れ画像

上部のコンディション

この横二本の修復は目立ちます。

仔細画像

仔細画像

仔細画像

内箱蓋裏