径 約5,2㎝
高さ 約7㎝(つまみを含む)

二代伊東陶山
明治4年(1871)~昭和12年(1937)

明治期に京都陶芸界の発展に尽力し、
粟田焼を盛り上げた、
初代伊東陶山に見込まれ、
娘婿として二代目を継ぎました。

この作品は、
鈴の形に焼いた白磁に金泥を施した香合。
とても薄く成型され、手取りが軽いです。
合口の立ち上がり部分は、
薄さわずか1㎜!
超絶な成型技術です。

共箱
合口用共布付

箱は汚れや修復痕がございます。
鈴に付属の紅白紐に汚れがございます

¥30,000
消費税・送料別

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇