高さ・蓋のつまみを含む 約22,5㎝
幅・一番太い所部分 約13㎝

十三代高取八仙
昭和9年(1934)~

高取焼は福岡藩の藩窯として
慶長年間に朝鮮の陶工の技術指導で開かれました。

蓋表、「高取 ふりわけ 細水指」の箱書は、
遠州流十二世・小堀宗慶さん。
大正12年(1923)~平成23年(2011)

箱蓋裏中央下部に
「宗慶(花押)」の落款

非常に洒落た水指です。
細長い形を生かし、縦のラインに描き分けています。
内側は黒い釉薬が施され、
開けた時に非常に効いてきます。

90度づつ様々な景色を正面にできるように、
つまみの向きを90度変えた
真塗、溜塗の二枚の蓋が誂えられています。

小堀宗慶さんの書は、
定家様の最高峰といっていい、
美しい字姿です。

共箱・共布
溜塗の蓋裏にキズがございます。
箱に僅かな難がございます。
画像でご確認ください。

¥132,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

高取八仙細水指,小堀宗慶

裏 高取印銘

蓋表 小堀宗慶箱書

蓋裏

非常に下ての良い箱です。箱側面に僅かなキズ。

箱裏

箱側面右上に蔵番を剥がしたような跡。

箱側面コンディション。箱に紐の跡が残る程度に、全体にヤケています。

箱側面のコンディション。

蓋、向かって左真塗。右溜塗

溜塗蓋表。

溜塗蓋裏。使用による擦れ、剥げがございます。

剥げ部拡大

真塗蓋

真塗蓋裏