本紙 54 ×82,5㎝
軸装 127 ×92㎝
紙本墨画淡彩

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

森の中の松の大木の下、
二人の従者とつがいの鹿を伴った高士。

鹿たちは、
くつろいで顔を見合わせています。

大きな瀧が見えます。
流れ落ちた水が、
高士の後ろに豊かにたたえられています。
そして水は、
手前右手の大きな石橋の下へ続きます。

松樹以外は、樹木が描かれているわけではなく、
漠然と、しかしとても丁寧に描き込まれたたくさんの葉っぱが、
高士たちを取り囲んでいます。
周りの岩肌に、密に細かく描かれた皴は、
葉っぱと見分けがつかない感じ、
同化して見えます。

山に入り込み、見える限りの視界の無数の葉の中にいる時に、
右も左も、
時として、天地さえも分からなくなるような、
くらくらと眩暈を覚えることがありませんか?

自分が、森から抜けられなくなって
森に同化してしまうような不安と危機感。
同時に、

時間にも、空間にも、
面倒なものすべてにとらわれない自由な感覚。

大雅の筆法、「迷遠法」によって、
私たちは、高士たちと一緒に画世界に入り込んでいるんです。

遠くに、薄い藍色で険しい遠山がいくつも描かれていることから、
ここは、相当に深い山の中です。

高士の後ろの、筆致の少ない瀧壷と、
そこから延びる石橋の《余白》が、
見る者の緊張を、ほっと緩めてくれます。

まったく邪気のない登場人物たちの表情に癒されます。

代赭(朱)・藍・緑・黄緑をふんだんに使った、
色彩豊かな作品です。

九霞山樵寫
「弎岳道者」白文方印
「池橆名印」白文方印
「玉皇香案吏」朱文方印

右上落款部の左側と、
橋の右上に虫穴がございます。
画像でご確認ください。

合わせ箱

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

池大雅筆山水図

虫穴あります。

古更紗一文字

 

虫穴部分

虫穴あります