本紙 96,8 ×38,5㎝
軸装 175,5 ×47㎝
紙本淡彩

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

尾頭付きの鯛が乗せられた
八足案を持って歩く恵比寿様。

大雅は、恵比寿さまの図をいくつも描いていますが、
この図は珍しい。
大抵は、
エビスビールのラベルのように、脇に鯛を抱えているんです。

八足案は、白木で作られていて、
神様への供物を乗せる台ですが、

恵比寿さま本人も神様です。

この図は洒落が効いています。

禮乃用和を貴んて
笑ふかと
福来れりと
ゑひすのたまふ

「禮乃用和を貴んで」
は、論語に書かれた孔子の弟子・有子の言葉です。

礼節を用いる時には和やかさが大切だよ。

とても大雅さんらしい、
名文のチョイスですね。

更に、
「『笑う門には福来れり』と
ゑびすさんはおっしゃるよ」

「来たれ」は已然形。
仮定を表し、
「り」で完了を表します。
ってことは、
《福が来ちゃうよ》
ですね。

ホントに大雅さんらしい、
肩の力の抜けた表現です。

よく見ると、
恵比寿さんの顔は輪郭がほとんど描かれていません。
右の眉毛から目にかけては、
極々淡い代赭(朱)を差すことで肌を表現し、
頬は裃を描く墨を残すことで輪郭を得ています。

私の知る限りでは、
大雅さんの他の作品には使われていない表現方法です。
とっても、珍しい。

左耳下の髭もいいな。
印陀羅の筆致みたい。
良い表情です。

袴の脇から見えるのは、
青海派の着物。
さすがは恵比寿様。

鯛の表現も素晴らしい。
ユーモアに溢れています。
変な顔です。

とても良い作品ですが、
コンディションが良くありません。

袴から下部は紙そのものが欠損し、
別の紙で補われています。

他にも本紙に傷みがあります。
鑑賞には全く問題ありません。

おそらく、
もっと大きな作品だったものが、
傷んだ部分を切り詰めて表具し直されています。

落款がないのもそのためでしょう。

「霞樵」朱印連印

格安で提供させていただきます。
とても縁起のいい、
持っていると福がやって来ること間違いナシ!
の一幅です。

軸装にも傷み・汚れがございます。
画像でご確認ください。

時代箱付(軸より少し大きいです)

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

 

池大雅筆ゑびす図

 

 

福の字の「田」の辺り、かなり傷んでいます

下部欠損補紙部分、紙の色が違います。

天の裂の劣化

地の裂。この色が、弊店のpcでは実物に色が近いです。

張り札のタイトルが間違っています