本紙 93,5 ×17,5㎝
軸装 165,5 ×29,5㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

黒々とした強い墨。

特に力を入れて描いた作品と、
一目でわかります。

下方に、単純化された太い筆で
寿老と鶴が描かれます。
耳上の僅かにに凝った鬢と髭だけ
限界の渇筆で描かれたり、
鶴の足はちょこっとだけ見えているのが、
面白い。

大雅さんらしいあそびです。

「不騫不崩南山寿」

は、《詩経》の言葉です。
「如南山之寿 不騫不崩」
南山の長寿の如く、騫(か)けず崩れず。

〈南山〉は中南山(中国にある山)。
永久に変わらないことの象徴だそうです。

この句は、長寿が末永く続くことを願っています。

「寿」の文字が特に大きく力強く書かれ、
寿老さんの頭のラインも然り。

めでたさ感が強く印象付けられます。

かなり細長いですが、
落款や印章の位置から、
元々このサイズで描かれた作品です。

三岳道者写
《橆名》《貨成》白文連印
判読不明白文長方印

現在の相国寺派管長・有馬頼底猊下の極書箱付。

本紙はかなりナメて(紙が虫害により薄くなって)おり、
修復されていますが鑑賞には問題ありません。
非常に上等な軸装に改められています。

仔細画像をご覧ください。

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

池大雅筆寿老図

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上部

箱蓋表

箱蓋裏