本紙 111 ×45㎝
軸装 186 ×60,6㎝
紙本淡彩

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

大雅といえば、
山水画・古典の登場人物・指墨画
が有名で、
この作品のように、
市井の人の営みを描いた作品は稀です。

大勢の人が集い、
中には倒れて蹴られている人もいます。
丸や四角の火鉢に手をかざしに集まる人々。

画面上方には馬が二頭。
一頭は引っ張られています。

軸の巻き留めや
箱の張り札・鑑定書に《馬市/午市》とあるので、
馬市に集った人々とわかります。

画面下方、橋を渡るのは、
首尾よく気に入った馬を手に入れ、
早速乗って帰る人のようです。

老向天涯頻見畫
一枝曽折送行人

中国の文人・呉中淳の
七言律詩の後半の二節です。

この漢詩は、
重要文化財に指定されている
《東山清音帖》の「山市晴嵐》でも
大雅は書いています。

「山市晴嵐/さんしせいらん」は、
瀟湘八景のひとつ。
晴れた日、山の中の町に霞の漂っている様子。(コトバンクより)

この画には、
山の中の雰囲気も、
漂う霞も描かれてはおらず、
呉中淳の漢詩の内容とも、合っているようには思われません。

とすると、
《東山清音帖》の「山市晴嵐」と
リンクしているのでしょうか。

ところで、
私はこの画に見覚えがあるのです。

昨年2020年夏の京都文化博物館における
◆特別企画展《池大雅-文人たちの交流》◆
京都府蔵 池大雅美術館コレクション
で展示された、
「衆集図」に瓜二つなんです。

しかし「衆集図」には、
本作品にある漢詩と「霞樵」の落款がありません。

とすると、
「衆集図」は、
本作品の習作とも考えられます。

霞樵
初見白文方印
「池橆名印」白文方印
「橆名」朱文長方印
「蓴生」朱文長方印遊印

仕立て直しが下手で、
本紙上下にきつい皴が出ています。
他に、汚れや傷みが少しございます。

国定文化財鑑定家・平野清光鑑定書付
時代箱付
箱の側面板に欠損がございます。
ご確認ください。

価格はお問合せください。

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

池大雅筆馬市図

喧嘩でしょうか。倒れた人が踏まれています。馬喰達は気が荒そうです。

落款部分

「橆名」朱文長方印

丸い腰高の火鉢と大きな角火鉢に、手をかざす人々

本紙上部折れ、傷み

本紙下部折れなど

軸先象牙

箱欠損部分

箱と鑑定書

2020年8月12日~9月22日 京都文化博物館 ◆特別企画展《池大雅-文人たちの交流》◆京都府蔵 池大雅美術館コレクションパンフレットより