本紙 縦127,5 ×横33㎝
軸装 縦201 ×横38,4㎝
紙本

会津八一
明治14年(1881)~昭和31年(1956)
歌人・書家・美術史家
新潟県新潟市出身
雅号/秋艸道人・渾斎

八一の歌集「鹿鳴集」(1940)に収めた一句です。

あせたるを
ひとはよしとふ
頻婆果の
ほとけのくちは
もゆべきものを

褪せたるを
人は良しという
頻婆果(びんばか)の
仏の口は
燃ゆべきものを

〈頻婆果〉は
「印度の果実の一つでその色赤しといふ」
と、八一自身の〈自注鹿鳴集〉にかかれているといいます。

更に、
古美術は古色蒼然が良いと世間の人は言うけれど
本来、仏の唇は赤いのだ

書かれているらしいのですが、
私はまだ読んでおりません。

確かに、天平の仏さまも
平安の仏さまも
作られた当時は、
黄金に輝き、螺髪は青く、
唇は赤く彩色されていましたし、
拂殿も建立当時は、極彩色でした。

「古びているのが仏像の味わい」というのは、
現代人の感傷です。

「もゆべき」の
「べき」に、八一の強い想いが表れています。

そして、
仏を心に持つ人が
《欲望》を克服超越した人
=欲望の褪せた人
であるというのも、
私は違うと感じています。

燃えるように赤い情熱を内に持ち、
熟れた果実のように艶めかしいのが
仏の姿だと、
あるいは、
仏の精神を心に持った人のように思うのです。

「頻婆果の」は
一筆で書かれた
《ほとけ》
を主役たらしめるために下方に描かれていますが、
その言葉だけ漢字で書かれ
左右の行は、
「頻婆果」
を避けるように曲がって
この言葉がとても大切なことがわかります。

《頻婆果》の「ほとけ」のくちびる。

本紙、軸装にシミがでています。
折れもございます。
画像でご確認ください。

宮川寅雄
(1908~1984/会津八一の弟子。美術史家)
の題字鑑定箱付
松下英磨
(1907~1990/美術研究家・中央公論編集部長)
が名刺に書いた宮川寅雄への領収記付属

¥275,000
(税抜き価格 ¥250,000)

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

会津八一

軸先プラッチック