長径(一番広い部分)約9㎝
短径(一番狭い部分)約8,5㎝
高さ 約9㎝

一方堂焼は、
仁阿弥道八(天明3/1783~安政2/1855)が、
京都の豪商角倉玄寧(1800~1877)の個人の窯として作った焼き物。

玄寧の子息は、
裏千家11代玄々斎の養子となって
12代となりますね。
お茶との関わりがあまりに深い方だったとわかります。

本歌の立鶴は印で押して鶴の絵を表しますが、
この作品は、
線で彫って表しています。

頭と嘴、羽の先っちょに藍色を差して、
全体に白釉を施し、
彫った線に白釉が溜まって、
白い鶴の姿が現れています。

底はまん丸ですが、口縁は少し潰れたやや楕円。
ほんの少しだけ、筆洗いみたいに
口縁の向かい合わせに段が施されています。
いるか、いないかわからない程度に。

面白い造形です。

ニュウが一本ございます。
画像でご確認ください。

座りが良くなく、
ちょっぴりガタつきます。

合わせ箱

¥88,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

一方堂立鶴