本紙 87,2 ×28,5㎝
軸装 166 ×40,3㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

まん丸な袋を抱えた布袋さんが、
唐子に耳かきしてもらっています。

とろけそうな、
至福の表情です。

落款は
「霞樵指墨」

指墨は、
「指で描きました」ってことです。
筆の代わりに、指や爪で描くんです。

大雅は、師の柳沢淇園の勧めで、
当時清朝から入ってきた指墨画法に取り組んだといわれています。

それは、筆を使わないために、
不自由で、
不自由がゆえに、画力が磨かれました。

また、
その指墨画は大評判を得て、
26~7歳で江戸に旅した時は、
屋敷の主人と客人の目の前で、指で絵を描くために
毎晩のように、武家屋敷に呼ばれていたとされています。

作品の細部を見ると、
布袋さんの半開きの口は、
爪で書かれていますね。
墨衣やあごの髭の剃り跡は、
指で墨を広げて滲ませています。

筆で書いたのとは違う、
ダミダミとしたニュアンスです。
それが、画全体に
緩い心地よさをもたらしています。

布袋さんの袋に
丸くぽっぽっと押されているのは、
よく見てください、
指紋です。

遊び心がぱんぱんの袋。

白く丸い袋と、うにっと黒い衣の対比が面白い。

傷んだ本紙をサイズを詰めて修復し
表具し直してあります。
傷みは画像でご確認ください。
鑑賞に支障はございません。

縁起の良い画題です。
一年を通して楽しんでいただけます。

こんな布袋さんが家にいてくれたら、
良いことしかやってこない気がします。

画風が繊細なことと、
指墨であることから
20歳代後半の作品ですが、

印章は40歳代の基準印
《霞樵》朱文連印
《前身相馬方九皐》朱文長方印
が捺されています。

後年に捺されたものと思われ、
大雅作品にはママあることです。

大雅作品は非常に人気があったため、
一見で大雅とわかる印を
後年に捺したものと思われます。

時代二重箱

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆布袋図

落款部分

指紋部分

本紙の修復跡

本紙の修復跡

本紙の修復跡

表具裂の汚れ

表具裂の汚れ

風鎮は含まれません

池大雅筆布袋図

左中箱 右外箱

中箱内側

中箱裏側