本紙 134 ×29,3㎝
軸装 195 ×31,3㎝
紙本

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

「揚光南極降福東寰」

この幅の紙に、
この文字の大きさで書こうとする発想そのものが、
大雅の非凡さを表していますね。

きっちきちに詰まっていますが、
自由奔放です。
見ているこっち迄、気持ち良い
豪快で生き生きとした書の姿。

関防印や落款の位置、
最後の「寰(かん)」の文字の左端の一画の姿からも、
元々、このサイズの紙に書かれた作品と考えられます。

「極」は、
極めて力強く、
「極まって」います。

「寰」は、
世界を表す文字です。
《東寰》は、
東の果ての国、日本の事でしょうか。
特に大きく、勢いある姿です。

落款は
〈平安松公劉〉
珍しい落款です。

《平安》はもちろん京都の事で、
大雅は20歳代の作品では、
名前の前によく《平安》と書いています。
若い時は都の絵師である、
ことを宣明する気持ちが強かったのでしょう。

興味深いのは、
《公劉》。

20歳代で使う名前に、
《勤》と《公敏》があり、
この〈勤〉を変じて、《劉》とし、
《公劉》
と落款した作品があるんです。
大雅らしい自由な発想です。

本作品の印章は
《公勤》白文長方印
《玉皇香案吏》朱文方印

公敏・勤・公劉が混在していたことがわかります。

《玉皇香案吏》印は、
年代によって印章を変えた大雅が、
唯一20歳代から生涯使った印です。

画に関しては、
20歳代の大雅作品は細い線をたくさん引いて対象が描かれています。
年を取って画力を極めると、
無駄を排した太い線、最小限の手数で、
モチーフの《気》を端的に、
見事に表現するようになるのですが、

この作品を見る限り、
書は、
20歳代で、既に極まって完成しています。

書くことをこんなに楽しみ、
自由自在に表現しています。
歓びに溢れています。

この作品の
「揚光南極降福東寰」の八文字は、
出光美術館ご所蔵の
【寿老四季山水図(五幅対】
に、再現されています。
延宝11年(1761)、大雅38歳の作品です。

五幅の、中心の一幅。
樸童と鶴を伴った寿老人が描かれ、
その賛にこの
「揚光南極降福東寰」。

南極は、南極寿星の化身、寿老人を表しています。
光が煌々と明るく、
長寿で、
福が降りる東の国、といったニュアンスでしょう。
おめでたいことの極まった内容です。

間違いなく、
大雅の書作品の、
名品中の名品の新発見です。

軸装から本紙に続き
二つづつ付いたシミが見られます。

時代箱
軸装仕立て替え中

《お問合せください》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆

関防印

落款

印章

弊店所蔵大雅別作品印章「公敏」白文長方印

弊店所蔵大雅別作品関防印

シミ部分

シミ部分

シミ部分

軸装シミ部分