本紙 100,3 ×32,5㎝
軸装 182 ×44,7㎝
絹本墨画金彩

圓山應擧
享保18年(1733)~寛政7年(1795)
本名は主水。

京都の文化人の紹介や紳士録でもあった
《平安人物志》の絵師ランキングで、
1、応挙
2、若冲
3、大雅
の、堂々1位の人気絵師。
現在でも、高い評価は変わりません。

三井記念美術館ご所蔵の国宝
「雪松図屏風」や
根津美術館ご所蔵の重要文化財
「藤花図」屏風に、
ため息をつかれた方も多いことと思います。

真っ直ぐに、瀧を登る鯉。

古来、
難関を突破し、
見事な出世を表す大変おめでたい図として、
好まれた画題です。

早く強い水の流れと
激流で見え隠れする鯉の鱗を、
卓越した画力で表わしています。

この、眼!
ここにだけ施された金彩が、
異様な光を放っています。

左端に引かれた黒々とした縦のラインが、
作品全体を締め、
強さを与え、
大魚の漲る生命力、迫力を
画面から発散させています。

魚が流れを遡る時は、
身を捩らせ、左右に激しく揺すらせて必死のはずなのに、
応挙の鯉は、
躰を垂直に描かれます。

応挙の画世界。

卓越した画力が、
非現実の世界に、生命を与えています。

寛政元年(1789)
56才の作品。

本紙に僅かなシミと大きな折れがございます。
軸先に汚れがございます。
画像でご確認ください。

時代箱
(箱に欠損部分、傷みがございます)

お問合せください。

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇
◇facebook◇

円山応挙筆登竜門図

大きな折れ部分

軸先ヨゴレ

箱欠損部分

別サイド(半対面)の欠損部分

上画像欠損部内側