径 約5,9㎝
高さ 約5,9㎝
江戸時代

手取り感から、
おそらく、木胎を丸く挽いて、
青漆を施しています。
恐るべき技術です。
蓋の厚みはおよそ1㎜。

蒔絵がまた凄い!

あまり見たことのない、
かなり濃く、極々繊細な蒔絵です。

コオロギの頭はかなり立体的。
肢やお腹の表現は、昆虫の苦手な方なら、
逃げ出したくなるほどリアルです。

触角が細い!長い~!

蒔絵で虫を表現した作品は数々ありますが、
籠の中にいる虫を上から見て、
虫のお腹を描いたアングルを、
初めて見ました。
添えられた露草の花には螺鈿が施され、
美しく輝きます。

内側は黒漆に、金銀の梨地。

表面底に、塗り直した跡がございます。
一部に変色、合部分に針の先で突いた程の傷みがございます。
画像でご確認ください。
気になることは、
お気軽にお問合せください。

箱書から《香合》としましたが、
この器体の薄さは、
元々は薄茶器かもしれません。
抹茶の緑が映えそうです。

箱に虫穴がございます。

¥132,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

露草虫籠蒔絵香合

虫の上、合部分に小傷

蓋合部分、虫の上小傷

蓋合部分右側小傷

真上より

底裏部分、塗り直しの変色

内側

蓋内側

変色部分

誂えて、自書された箱のようです

箱の虫穴