本紙 125,5 ×27,5㎝
軸装 205 ×38,3㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

馬に乗った高士が、橋を渡っています。
天秤に荷物を下げた従僕が随います。

上方の険しい山の隙間から覗く立派な山門。
急な山道も見えています。
この作品には、
幕末~昭和初期に京都で活躍した南画家、
平尾竹霞の箱書きと解説文書があり、
竹霞のつけた作品のタイトルが
「浅春友訪図」です。

確かに、
高士の渡る橋の脇、
崖上の木々は生命力に溢れた新芽が賑やかで、
橋の下に雪解け水が流れ、
春の様子です。

無数の、芽吹きの勢いを発散させる新芽。
少ない筆致で表された、澄んだ水の激しい流れ。

モノの本質を描き出す、
大雅の画力の素晴らしいこと!

高士も従僕も、
一瞬動きを止めてこちらを見ています。

物語のキャストが、
物語の中に居ながらにして、観る者に話しかけています。

数年前に「古畑任三郎」ってテレビドラマがありました。
任三郎は、時々ドラマの時間を一瞬止めて、
視聴者に話しかけてきたでしょう。

あんな感じです。

心を許し合う親しい友人にもうすぐ会える高士の
嬉しさを胸いっぱいに膨らませた顔。

「これ、みんなお土産でゲス♪」
みたいな従僕の表情。
どちらも最高!

先の尖った棒きれで造られた橋の欄干が、
土から芽を出す植物を連想させ、
春の生命力を強く印象付けています。

水をたっぷり含んだ筆で描かれた遠山の薄く深い墨と、
渇筆で施された皴(しゅん/岩肌の表現)が、
近景を引き立て、
作品に奥行きを与えています。

素晴らしい作品です。
山水画の世界観も
人物画の面白さも、
一幅で両方楽しめる作品です。

辛夘春晩
霞樵寫
《池橆名印》白文方印
《弎岳道者》白文方印
《前身相馬方九皐》朱文長方印

明和8年(1771)
48歳の作品。

大正10年、平尾竹霞観二重箱
外箱の蓋は失われており、現在手配中です。
本紙にやや傷みがございますが、
鑑賞には全く問題ありません。

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆浅春友訪図


イタミはこんな程度です

イタミはこんな程度です

OLYMPUS DIGITA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外箱の表蓋が現在ありません。箱師の方に相談中です。