口径 約11㎝
底径 約5,2㎝
高さ 約9,5㎝

田山方南
(たやまほうなん)
明治36年(1903)~昭和55年(1980)

文化財調査会書跡部会長を務め、
書跡・典籍・古文書の調査、保存に尽力し、
文化庁主任文化財調査官、
国宝鑑査官を務めた人物。
禅林の墨蹟研究者。

一つの分野で【美しいモノの判断】を極めることと、
【美しいものが造れる】ことは、
別の事だと思いますが、
この作品を見ると、
方南はどちらもできたのだとわかります。

手先が器用な人だったのかもしれません。

薄く立ち上げられ、
少し絞った胴がハンサムな茶碗です。

上から掛けられた黒っぽい釉薬が、
縞状に流れた面があり、
虎っぽく見えます。

底裏に
《方南》《大樋》
印銘

無地箱
¥55,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

 

 

印銘部分

あまり良い仕覆ではありません。