本紙 145 ×37㎝
軸装 199 ×50,7㎝
紙本淡彩

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は、
大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

とても長い紙に書かれた作品で、
全容を一望しようとすると2mは離れる必要があります。

これは、中国明朝末から清朝初期に流行った
《長条幅》の影響を受けたものでしょう。
紙自体が、中国の画仙紙であると思われます。

上方に描かれた、
海から垂直に跳ね上がった鯨の顔ような岩山。
圧倒的な存在感です。
大雅特有の、無駄のない長い渇筆を重ねた皴と
巨岩の右側に集中して描かれた点苔によって、
今にも倒れてきそうな
危ういバランスに、目が離せなくなります。

画面中央、
巨岩の前の中景左側、
崖ギリギリに生えている木々の向うに、
瀧水が落ちています。

とても高い瀧らしく、
下の滝壺は見えません。

滝壺から上がる水飛沫の霞が漂い、
雲となってます。

それとも、雲海でしょうか。

手前には、高士が二人。

うねうねとした枝の木々。
皆、違う形、違う質感の葉が丁寧に描かれ、
生き生きとした表現が見る者を画世界に引き込みます。

この作品は特に、
水をたっふり含んだ筆で描かれています。

ダミダミの濃淡が、
この作品全体に漂う心地よい湿度を
強く印象付けています。

大雅による賛も、とても水分の多い筆によって書かれています。
珍しいです。

汚れや傷みを修復して、軸装し直した作品と思われます。
その痕跡、ヨゴレ・折れ跡・シミがございます。

特筆は、作品中央辺りの紙に現れている縦筋。
本紙を洗った時の痕跡か、
もともとあえてつけられたものか、判断しかねます。

癸未春日
九霞山樵
「貸成氏」白文長方印
この印章は初見です。

宝暦13年(1763)年、
大雅40歳。

作品下方左の遊印は
旧蔵者の印章と思われます。

誂え無地箱

軸装裂上方に大きなシミがございます。
掛軸を吊るす紐が、素人細工によってつけ代わっています。
画像でご確認ください。

《ご売約ありがとうございます》

弊店の作品は、
特筆しない限り全て本物保証でございますが
難があるため格安です。
気になる点は、お気軽にお問合せください。

類例のない印章ですが、
池大雅作品に間違いございません。
年紀のあることにより、
40歳で「貸成」を使用したことが確認できる、
貴重な作品です。

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆春日観瀑図

 

賛部分

「貸成氏」白文長方印

本紙上部ヨゴレ

ヨゴレ

縦筋部分

折れ痕部分

シミ

箱貼紙