長径 約18,5㎝
短径 約14㎝
高さ 約2,5~3㎝
個体差がございます
1650~70年代

江戸時代前期の古伊万里です。
かつては古九谷と考えられていましたが、
調査研究が進んで、
現在は伊万里焼と考えるのが主流です。

菱形の作品は稀です。

見込み部分に、
器形を最高に生かした、クロスにデザインされた唐草と唐花、
斜めに立ち上がった縁の部分には、
屈輪(ぐり)に近い唐草が、陽刻で模様されています。

型で捺して、浮き上がった唐草部分が、
緑の釉薬が流れ落ちて表れ出ています。
見込み部分の模様は、
レース編みのようで、ヨーロッパ風です。

口縁は一段と高く成型され、
溝に溜まった緑が濃く映えています。

高台のきりっと成型された姿が、
非常に美しい。

高台が内に斜めに鋭角に入り込むのは、
この時代の伊万里の特徴の一つです。

時代が下がって、大量生産するようになると、
本体から削り出して高台を成型しますが、
古い時代には、別パーツを一枚一枚に貼り付けているんです。

また、
焼成時に縮みますので、
菱形はよほど気を遣って作らないと、
焼いた時高台が平らにならず、
ガタガタして、器として使えません。
ごくごく、極上の器です。

5枚の内、一枚は割れて金繕いしてあります。

他に、窯キズのある個体もございます。
画像でご確認ください。

五枚組
《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

藍九谷手青磁菱皿

キリっと成型された高台

A

A裏

B

B裏

B窯キズ

C

C裏

D

D裏

E

E裏