約23 ×20,3㎝
高さ 約4㎝
江戸時代

蓋上に蒔絵と螺鈿で描かれた蝶は、
非常に細かな、様々な技法が使われています。

真っ黒な漆に、本金が映えていますね。
金の上に金で細部が描かれたり、
螺鈿の上から金で模様が描かれたり、
銀の小さな切箔が貼られたり、
技巧を凝らした羽根の文様。

肢や顔はリアルな写生に基づいています。

古い時代の本銀は、腐食して滲みます。
それが作品に格調高さを加味しています。

面取りした器体の蓋表四方に乗せられた金のラインも
素晴らしい装飾効果を発揮しています。

左下の真っ黒な蝶は、
おそらく螺鈿の片が大きすぎて、
そっくり剥がれ落ちたのでしょう。
右上の赤い蝶は、
銀片がほどんど剥落して、地漆が現れたものと思われます。

他にも、
部分的に剥落部分がございますが、
それも、時を経た一つの表情です。

蓋裏と懸子には撫子が蒔絵されています。
非常に上手い、繊細な表現です。
この、粉粉する金粉は、
古い時代の金粉の一つの特徴です。

蓋裏の右上部分の漆塗りに断紋が出ています。
四方は修復の痕跡がございます。

黄銅の水滴はオリジナルではありません。
少し小さな水滴を合わせるために、
補助の金具が入れられています。
もともと備わっている水滴は、
実際にお使いになられるときは不便ですので、
装飾の一つとお考え下さると不都合がありません。

使い用の素敵な水滴を見つけるのも、
楽しみの一つです。

硯が、やや斜めに嵌め込まれていて、
外せませんが、
ご使用に問題はありません。

仔細は画像をご覧ください。
気になる点は、お気軽にお問い合わせください。
◇お問合せフォーム◇

古美術品として価値ある硯箱を実際にお使いになると、
書のお稽古もとっても楽しい。
決まった先生のいらっしゃらない方は、
二玄社の中国の古典書法の本の臨書がお勧めです。

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook

蝶蒔絵時代硯箱

蓋を開けたところ

揚羽蝶の羽の丸文の螺鈿象嵌に、金で模様が蒔絵されています

螺鈿剥落部分

銀彩の剥落と銀切箔装飾部分

剥落部分

蓋裏拡大

内容品をばらしたところ

裏面

蓋裏断紋画像

蓋隅

蓋隅

水滴部分

硯の嵌った状態

水滴、水滴受けを外した部分に亀裂がございます

面取り箱の器体

底部分