約24 ×21,8㎝
高さ 約5㎝
明治~昭和初期

僅かに甲盛された器形。

非常に上等な硯箱です。

表は堅い黒漆塗り
内は暈しをかけた梨地。

蓋の縁は一段ほんのわずかな段が設けられ、
開ける時手懸りとなります。

縁の厚みの水平面には、
金彩が施されています。

硯の縁に施された金彩は、ほとんど剥がれておらず、
とても良いコンディションです。

楕円形の黄銅の水滴はムラムラした模様がつけられていて、
水を注入する口にあしらわれた金工は、
銀かと思われます。
水滴受けにも、見事な金工が施されています。

甲盛のフォルムは、
真っ直ぐな器形よりも、
作る時に格段に高い技術、手間がかかります。

敢えて黒漆塗りのみで、何の装飾も施さないことは、
最高の贅沢かもしれません。

季節を問わず使える、
贅沢な備品だったのでしょう。
外箱に蔵番が貼られています。

蓋表に、小さなアタリ(瑕)がございます。
硯と水滴受けは、板から外れません。

やや甲盛の塗り箱付

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook

黒漆内梨地硯箱

開けたところ

内容品

梨地

水滴受

内容品裏・擦れがございます

裏面擦れ

蓋真横

外箱

外箱

外箱蔵番