本紙 95,5 ×22㎝
軸装 173,5 ×24㎝
紙本

小堀南嶺
大徳寺塔頭龍光院(りょうこういん)前住職。

「渓聲広長舌」

《広長舌》
は、仏の教えのことだそうです。

渓聲便是広長舌
山色豈非清浄身
夜来八萬四千偈
他日如何拳似人

中国・北宋時代(11世紀)の政治家で芸術家・蘇東坡が
悟りを得た時の偈。

山の清流の音は、仏の教えである。

2018年のMIHO MUSEUM春季特別展は、
開山以来部外者に門を閉ざし続けた龍光院の寺宝を
400年で初めて公開してくださった特別展でした。

その折、
この南嶺和尚に、小学5年の時に見初められ、
お寺に住んで修業された現住職、
南嶺さんの法嗣である月浦和尚のお姿を初めて拝見し、
お話を伺う機を得ました。
その時のお話が忘れられません。

「毎朝毎朝掃除をする、
本当に飽き飽きしているんです。
今日、求めてくる人がいるかもしれない。
だから、掃除するんです。」

こんな内容でした。

悟りを得た人は、
聖人ではなく、普通の人と同じ気持ちを持っている。
それは、大きな衝撃でした。

龍光院の住持は、世襲ではなく、
公案を解き、
悟りを得たことを師に認められた禅僧がおつとめになっている。

そう思うと、
この一幅は貴重です。

本紙は良いコンディションです。
軸装の下端は傷んでいます。
風帯が前のご所蔵者が間違った収納をされていたために、
巻き癖や、折り癖がついています。

共箱
¥13,200
消費税込・送料別

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

‎◇フェイスブック

小堀南嶺筆 渓聲広長舌

軸装裂の傷みと、軸先附近の切れ目

蓋裏

裏側にシミが出ています