本紙 116 ×26㎝
軸装 184 ×34,7㎝
紙本

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、

国宝・重要文化財に指定されている作品は大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

「南山寿」
中国の詩篇《詩経》の中の小雅・鹿鳴之什〈天保〉、からの三文字です。

如南山之寿
不鶱不崩
如松柏之茂
無不爾或承

南山の寿なるが如く
鶱(か)けず、崩れず
松柏の茂れるが如く
爾の承(う)くる或らざる無し

南の山がずっと変わらずに存在するように
欠けることなく、崩れることなく
松の木がいつも青々と茂るように
あなたが恵まれない時は無い

相手の変わらぬ繁栄と長寿を願うおめでたい言葉を、
大雅は伸び伸びと書いています。

大雅の書の魅力は、
古典を掌握してのちに、自由自在な姿を得た、
生き生きとした文字の姿と書全体のバランスです。
時として、大胆に太かったり、擦れたりしています。

本作品は、
その、《太》《細》の振り幅が少ない。

「どんなに太くしてもここまでしか太くならない」
って大きさの筆で書かれています。
一見、魅力に欠けるかと思われます。

私も初めはそう思いました。

しかし、
鑑賞しているうちに、どんどん良くなってきます。

太さに制約のある筆で書かれた分、
内在する強さが濃い。

「山」の鋭い折れ方。
寿老人の頭のように長い「寿」の上部、
高らかに笑い声をあげるような姿の下部。

「千と千尋の神隠し」で、
薬湯に浸かって、積年のヘドロが落ちた川の神様が、
お腐れ神から本来の姿に戻った時の姿のようです。

落款の「九霞山樵書」の書き方も、
とてもイイ。

これは私の勝手な推測ですが、
お酒が飲めなかったといわれる大雅が、
お祝いの席で相伴し、
いつもと違う筆で書いた作品かと思うのです。

「池橆名印」白文方印が、ブレています。
関防印(右上の印章)はブレすぎてほとんど読めませんが、
よくよく見ると
「前身相馬九方皐」朱文長方印が《逆さ》に捺されているんです。

中国の方の作品では、
印章が逆さに捺されていることはレアケースではありませんが、
日本の作品では、非常に稀です。
大らかで、
本質以外のことに囚われなかった大雅とは言え、
素面でしたこととは、思われません。

擦れの少ない黒々とした墨が、
「南山寿」の言葉を、
印象としてもよく現わしています。

本紙と軸装に折れた部分がございます。
少し長めの合わせ箱
古い箱の蓋のみ収蔵

¥300,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆 南山寿

「弎岳道者」白文方印

「池橆名印」白文長方

前身相馬九方皐「前身相馬九方皐」

折れ部分

軸先

合わせ箱と古い箱の蓋表

合わせ箱と古い箱の蓋裏

箱内側