径 約12,8㎝
高さ 約6,5㎝
高台外径 約4,8㎝
明時代

人形手の茶碗。
元々は青磁として焼かれましたが、
緑色に発色せず、茶色です。
《枇杷色》と呼ばれ、
お茶の世界では喜ばれます。

人形手は、
内側に、人(人形)の模様が印刻されていた茶碗が基準となって、
茶碗の内側に陰刻で模様の施された茶碗の名称です。

本作品の内には陰刻はなく、
外側に、縦線が細かく施され、
小さく高めの高台。

箱には、
〈宋青磁 茶碗 ひしほ手〉
と、墨書きされています。

「ひしほ(お)」は、
〈醤〉〈緋潮〉と表わされ、
赤い色のこと。

箱には宋青磁と記されますが、
中国明時代のお品です。

誂え箱付。

¥73,700
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業日時はこちらをご覧ください◇

◇facebook◇

人形手茶碗