本紙 116 ×27,8㎝
軸装 180 × 40,3㎝
紙本淡彩

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、

国宝・重要文化財に指定されている作品は大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

二人の従童に支えられる貴人。

「日是酒中仙」
は、

《飲中八仙歌》の
「自称臣是酒中仙」からの言葉でしょう。

八人の酒豪を、酒飲み八仙人として杜甫が作った歌の
李白の部分です。

「私は酒飲み仙人なのよ」
の部分を
「日々是酒飲み仙人です」
に、アレンジしています。

人物の顔にだけ朱が施され、
特に李白の顔は朱く、目尻が下がって酔っ払いの顔です。
従童たちも迷惑がってはおらず、
いつもの事です、の表情。

詩の、この前の部分は
「李白一斗詩百篇」
李白は酒を一斗飲んだら、詩を百篇生み出してしまう。
ですので、酔拳のように、
「飲めば飲むほど素晴らしい詩を量産するのだ」
ってところでしょうか。

安心しきった表情、
警戒心が霧散した体に纏う、長くゆったりと描かれた袖が、
良い酔いっぷりを伝えます。

濃い墨で書かれた文字部分。
「酒」の自由な筆致、
「中」の長ーい棒、
落款の自署の素晴らしい事!

描かれた、書かれた伸びやかさ、
自由さ、明るさが、
見る者の心を和ませ、エネルギーをくれる逸品です。

大らかさと繊細さの両面の現れた筆致、
《九霞》の文字姿から、
三十代後半の作品と思われます。

本紙に折れや汚れ、
軸装に虫穴や傷みがございます。
画像でご確認ください。

《九霞写意》
「霞樵」朱文連印
「前身相馬九方皐」朱文長方印

無地箱

《お買い上げありがとうございます》

◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆飲中八仙

池大雅筆飲中八仙

池大雅飲中八仙

軸装虫穴部分と一文字古更紗