本紙 128 ×41,5㎝
軸装 213 × 56,4㎝
紙本淡彩

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、

国宝・重要文化財に指定されている作品は大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

非常に強い作品です。

大雅の描く山水画は、
大抵、どこかほのぼのとして、
理想郷に迷い込んだ感覚ですが、

例えば少し心がざわついている時に眺めると、
ゆっくり優しい心持ちになる世界なのですが、

この作品は違います。

手前右手の、丸い岩の
重ねられる激しい皴(岩肌の表現)。
そこに根を張って、うるさいほど密に葉を繁らせる
数種類の木々。
東屋を覆い隠さんばかりに、
やはり葉を繁らせる、中景右手の樹。

家屋の後ろの松樹も、
うねうねと迫ります。

この画には、縦に伸びる樹木がない。

縦のラインは、
迫るように聳える高い岩山に任されています。

鬱蒼と茂った樹々と、
迫る険しい岩山に囲まれた東屋から
外を眺める文人。

平尾竹霞(安政3/1856~昭和14/1939)の箱書きは、
「渓居観瀑図」ですが、
滝は、東屋の後ろにちょっぴり見えるだけ、
私には、山深さの演出の一つに思えます。

この、山深く、人の手の及ばぬ強い生命力に囲まれた山居に、
独り座る文人。
葉っぱと同じ、太い筆致で描かれます。

明末~清初、
中国の書画は、とても長い紙や絹、絖に描くのが流行します。
長条幅(ちょうじょうふく)といいます。

本作品も、
長めです。
中国の文化に憧れた大雅が、
長条幅を意識して描き、
その意を汲んで継承した後世の大雅ファンによって、
長く改装したものと思われます。

大作ですが、
傷みを修復した跡がたくさんあること、
オリジナルより幅が詰められ
印章の左側が切れていることから、
格安で提供させていただきます。

鑑賞には全く問題ありません。

霞樵橆名寫
《池橆名印》白文方印
《弎岳道者》白文方印
《前身相馬九方皐》朱文長方印

平尾竹霞(南画家・京都画壇の重鎮)が
極めた箱付

¥250,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇

◇営業予定◇

‎◇フェイスブック

池大雅筆渓居観瀑図