本紙 26,3 ×41,7㎝
軸装 117 ×44㎝
紙本

小堀遠州
天正7年(1579)~正保4年(1647)

二十八日之ひる可被成御出之間
辱存候 可然様に御意得所
仰に昨日之墨跡 只今懸之
かしく

逢見ての
のちのこころに
くらぶれば
むかしはものを
おもはざりけり
十日 花押

小遠州守

28日の昼にお出ましくださること
大変ありがとうございます。
そうしてくださるご様子から、お気持ちがわかりました。
仰せのとおり昨日の墨蹟を、只今懸けました。

遠州が28日と書くのは、
利休忌のことでしょう。
ここに出てくる墨跡が、どなたのお手によるものかはわかりませんが、
お茶に関するものであることは、間違いありません。

遠州の署名の左上が、
不自然に非常に汚れているところから察し、
宛名が、意図的に消されているようです。

作品をご所蔵されていたお家が、
遠州からこの消息をもらった人物の直系の場合に、
旧蔵者を明らかにしないために、
このように宛名を消す場合が多く見られます。

「逢見ての」の
一句は、小倉百人一首、
権中納言敦忠の歌。

愛しい人との逢瀬の後は、
ありとあらゆることを深く敏感に感じる。
それ以前は、私の心は鈍く穏やかだった。

恋に落ちたときだけでなく、
非常に精神的に成熟した、思慮深い生き様に触れたとき、
感動で、こちらの感受性が堰を切って溢れる瞬間があります。

ここで、遠州が
《逢見》たのは、
利休のお茶がより深く自分のモノになる何か、
ではなかったかと、私は考えています。

「それ」を知ってから、私の世界観はすっかり変わってしまった。
アンテナの感度は研ぎ澄まされてしまった。
そう遠州が伝えた、素晴らしい消息と存じます。

本紙は何度も軸装し直された感じです。

大徳寺孤蓬庵先代・小堀卓厳様の極め箱
横浜高島屋美術部封筒付

¥330,000
消費税・送料込
(税抜き ¥300,000)

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

◇facebook◇
小堀遠州消息