本紙 約31 × 47,2㎝
軸装 約120 × 57,7㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

竹は真っ直ぐに伸び、
冬も枯れずに緑の葉を繁らせる姿から、
清く、
強い生命の象徴として、
古来文人に愛された植物。

《松竹梅》の、
縁起の良い植物3雄の一つです。

大雅も竹が大好きだったようです。
たくさん描いています。

本作品は、
水分をたっぶり含んだ淡墨を重ねて太い竹の幹を描き、
左側に濃い墨の一筋を載せることで、
竹にできた陰影を表しています。

葉っぱも、
同じように、薄い墨を滲ませた上から、
濃く強い墨を重ねています。
非常に速い筆致。
竹の葉の、
強い生命力が気持ちよく表現されています。

細かい部分をできるだけ削ぎ落し、
大胆な筆致で描くのは、晩年です。
節の両脇に、生きものの眼のような内側に向かう黒い点を加えるのは、
大雅の竹の一つの特徴です。

賛の位置と、画のバランス、
葉っぱが途中で切れていることなどから、
もっと縦長の作品を切り詰めた可能性が考えられます。

そのため格安ですが、
部分的にクローズアップされた作品として、
面白い作品です。

中廻しの濃紺の表具裂が、
傷みは出始めていますが、
大雅の作品の力強さを非常によく引き立てています。
風帯・一文字も、宝尽しの上等な金襴が用いられています。

賛は
「臨渓影更長」。

字の体幹が強く、
自由な
大雅特有の字姿です。
「霞樵」の落款も、
非常に伸び伸びと書かれています。

40歳代の作品と推測いたします。

《前身相馬方九皐》朱文長方印
《霞樵》朱文連印

本紙、軸装に虫食い、汚れ、折れあり。
一文字裂が剥げかかっています。
仔細は画像でご確認ください。

無地箱
箱に欠損部分有。

《お買い上げありがとうございます》

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

◇facebook◇
池大雅筆水墨竹図



汚れ虫食いなど


一文字のコンデション


欠損部分