本紙 約28,7 × 37,2㎝
軸装 約104 × 48㎝
紙本墨画

池大雅
享保8年(1723)~安永5年(1776)
諱/橆名(ありな)・勤
字/貨成・公敏
号/大雅堂・三岳道者・霞樵・九霞、他

京都に生まれ活躍した、絵師で書家、文人。
当時、応挙・若冲と並ぶ、大人気アーティストです。
20才代ですでに名声が高く、
旅が好きで日本各地を旅したため、
日本各地に大量に贋物が存在しています。

近世の絵師で、
国宝・重要文化財に指定されている作品は大雅が最も多いことは、
現在ではあまり知られていません。
文化庁にも数多くの大雅作品が収蔵されています。

川端康成、梅原龍三郎、谷川徹三ら
一流の文化人、画家たちも大雅に魅了され、
その作品を愛藏されていました。
国宝に指定されている「十便十宜図」は川端康成さんの旧蔵品です。

□ □ □

緩いゆるい笑顔、丸い体の寿老人。

後ろから鶴が寿老様を見ています。
杖は地面に寝かせて描かれます。
丸い寿老さんと、
「九霞指墨」の
落款を繋ぐようにも見えます。

「指墨」は、
指墨画・指頭画と呼ばれる、筆の代わりに指や爪で描く画法。
中国清朝で流行り、
大雅に教示したのは、柳沢淇園だとされています。
柳沢淇園は大和郡山の家老、とても身分の高い殿様で、
絵師としての名前は柳里恭(りゅうりきょう)。
大雅の才能を見出し、育て、
世に出してくれた人です。

大雅は生涯に渡って寿老を描きますが、
杖が寝ているのは、20歳代の若い時代の特徴かもしれません。
同じように、
若い時に指墨で描かれた布袋の図も、
丸いフォルムで、杖は地面に寝かせてあります。

これは、禅僧の描く布袋図のスタイルを踏襲したのではないかと、
私は考えています。

年齢を重ね、絵師としてキャリアを積むうちに、
蔓の絡まる杖を立てた、
大雅独自のスタイルに行き着いてゆくのでしょう。

この姿の寿老で一番有名なのは、
現在出光美術館ご所蔵の、五幅対の中央に位置する、
南極寿星の図だろうと思います。
この五幅対の旧蔵者は、
川端康成さんです。

本作品は指墨画の中でも、
かなりあっさり描かれています。
雑味がない分、
寿老の明るさ、寛容さ、
幸せしかない世界観と画面の面白さが、際立つ作品です。

爪を使って描かれた寿老の輪郭や耳などは、
ごく細い墨線。
墨を含むことのできない指による面表現は、
たっぷりの水分で潤っています。

《玉皇香案吏》朱文方印

本紙がかなり傷んでいますが、
丁寧に軸装し直されています。
鑑賞に問題ございません。
非常に上等な一文字裂です。

軸装にもヨゴレがございます。

合わせ箱

¥165,000
消費税・送料込

◇お問合せフォーム◇
◇営業予定◇

◇facebook◇

池大雅筆指墨寿老図


虫害などのイタミ修復跡


虫害などのイタミ修復跡


軸装の汚れ、傷み


他の作品の箱を合わせています